血液クレンジング療法

血液クレンジング療法

血液クレンジング 血液クレンジング1

日本ではまだあまり知られていませんが、欧州では約50年の歴史があり、一般的な治療法です。特にドイツでは保険適用されている治療で当院の医療機器、点滴瓶などドイツから輸入しています。近年では北米、中南米、アジア諸国など多くの国で治療が行われています。

イギリス女王エリザベス2世の母、エリザベス王太后は101歳まで生きたことで知られていますが、その長寿の秘密は

続きを読む

マイラン社製ビタミンC製剤を使用する特別な理由

何故、マイラン社製ビタミンC製剤 を使用するのか?知っておきたい理由

高濃度ビタミンC 2

長崎点滴療法センター

写真はマイラン社製注射用ビタミンC製剤(アスコルビン酸)25g/50mlです。このビタミンC製剤は
マギル大学、カンザス大学の臨床研究に採用されているビタミンC製剤です。

国産製剤は防腐剤使用のために使用は控えたほうが良いと言われています。ビタミンC溶液にはPH調整のためにNaOH,NaHCO3が添加されており、Na負荷による心不全や腹水の悪化に注意が必要です。
アスコルビン酸は冷蔵庫に保管し、使用当日に室温に戻して使用します。

続きを読む

超高濃度ビタミンCの抗癌(がん)作用機序について

高濃度ビタミンCのガン治療

長崎点滴療法センター

超高濃度ビタミンCの抗癌(がん)作用機序について説明します。

• ビタミンCが高濃度になると、強い酸化作用をもつヒドロキシラジカルを誘導します。

ガン細胞は、カタラーゼ(ヒドロキシルラジカルを中和することができる酵素)活性が低いという特徴があり、
ヒドロキシルラジカルに攻撃されやすい環境にあります。
• 正常細胞はカタラーゼ活性が高く、ヒドロキシルラジカルによる悪影響を受けにくいのです。

• またがん細胞はブドウ糖を取り込みやすいという特性があります。ビタミンCはブドウ糖と構造が似ているので、がん細胞に取り込まれやすいのです。
• がん細胞には正常細胞より多くのヒドロキシラジカルが発生しやすくなり、ガン細胞を攻撃します。

• これが、ビタミンC療法が、ガン細胞に特異的に働くメカニズムです。

続きを読む

高濃度ビタミンC点滴療法とガン治療

高濃度ビタミンC点滴療法

長崎点滴療法センター

高濃度ビタミンC点滴療法は、2度ノーベル賞を受賞(1954年に科学結晶構造でノーベル化学賞、1962年に原水爆反対運動でノーベル平和賞)したライナス・ポーリング博士(米国)とE・キャメロン外科医(スコットランド)が「末期進行がんの患者に点滴とサプリメントでビタミンCを大量投与したところ、対照群の4倍から6倍に延命効果が得られた」とアメリカ科学アカデミー紀要(PNAS)に臨床論文を発表したことに始まります。

ビタミンC濃度が高くなるとガン細胞は死んでしまうが、正常細胞は全く影響を受けないといわれています。どのくらいの濃度になるとガン細胞が死ぬかというと350mg/dl~400mg/dlの血中濃度です。

続きを読む

血中ビタミンCと 疾病リスクとの怖ーい4つの関係

高濃度ビタミンCの効果

長崎点滴療法センター

1、血中ビタミンCと 疾病リスクとの関係

 血中ビタミンC濃度と疾患リスクとの関係を(Eyripian Prospective Investigation into Cancer and Nutrition Study)の一貫して約2万人の英国男女(45~79歳)を対象にして4年間追跡調査した報告によると、
男性では血中ビタミンC濃度が高くなるほど全死亡、心血管障害、虚血性心疾患および癌発生リスクの低下が見られたそうです。

 1976年から実施された米国国民健康栄養調査Ⅱの一貫として行われた調査でも、血中のビタミンC濃度が低い男性では死亡リスクが高まる可能性があり、癌による死亡率を高めることに寄与することを示唆しています。

続きを読む

高濃度ビタミンC 何故点滴するの?その理由

高濃度ビタミンC

長崎点滴療法センター

長崎 諫早の ふじた歯科 藤田です。

なぜ、高濃度ビタミンC点滴療法が有効なのか?内服ではダメなのか?を解説します。

そもそも高濃度ビタミンC点滴療法は、2度ノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士(米国)とE・キャメロン外科医(スコットランド)が「末期進行がんの患者に点滴とサプリメントでビタミンCを大量投与したところ、対照群の4倍から6倍に延命効果が得られた」と発表したことに始まります。

続きを読む

フリーラジカルとビタミンCの必要性

アスコルビン酸

長崎点滴療法センター

フリーラジカルとビタミンCの必要性

ビタミンCは、空気汚染物質、産業用毒性物質、重金属、たばこの煙などの多くの化学物質、アルコール、抗うつ剤、利尿薬と拮抗する働きをします。

つまり、ビタミンCは自分を犠牲にして私たちのフリーラジカルと戦ってくれる救世主なのです。

ここで、フリーラジカルを説明しますね。

続きを読む

ビタミンCが足りないとどうなるの?欠乏症について

ビタミンC

ふじた歯科

ビタミンCが欠乏すると、肌の調子が悪い、疲れやすい、だるい、食欲不振、うとうと状態、不眠症、歯茎や毛細血管からの出血する、細菌やウイルスに感染しやすくなるなどの症状が出やすくなります。

その中でも代表的なビタミンCの欠乏症は壊血病です。大航海時代,西暦1497年7月8日にバスコ・ダ・ガマがポルトガルのリスボンを出航し1498年の5月20日にインド南西のカリカットに到着しましたが、10か月間に200人の船員は半分の100人になったそうです。約100人の乗組員が壊血病でなくなりました。

続きを読む

何故人間はビタミンCを摂取するのか?その理由

ビタミンC

長崎点滴療法センター

何故人間はビタミンCを摂取するのか?その理由

 

多くの動物はビタミンCを体内で合成できるのですが、ヒト、サル、モルモットは体内でビタミンCを作ることが出来ません。そのため外部から補給する必要があります。

しかも水溶性ビタミンなので、脂溶性ビタミンに比べて体内貯蔵量が低いのが特徴で、体内にストックすることができません。

したがってビタミンCの必要量を維持するには毎日摂取する必要があります。その上一度に大量に飲んだり、食べたからと言ってそれがすべて吸収されるわけではありません。体内に吸収されるのは一部にとどまります。そのため最大吸収率を得るには、少ない容量を1日に複数回服用するのが効果的なのです。

続きを読む